倉敷での交通事故における弁護士に対する相談の重要性について

車を運転する人にとって交通事故は絶対に避けなければいけないトラブルです。しかし自分が細心の注意を払って運転しても、向こうからぶつかる貰い事故に見舞われるケースは珍しくありません。交通事故はその多くが双方に責任があると見なされるので、自分に非がなくても交通事故を起こしたこと自体が悪いとされてしまいます。

交通事故の当事者になった際の対処法や弁護士に相談する際の注意点を学びましょう。

交通事故にあったら~メールで相談が便利


交通事故には過失割合がある

交通事故は大きく分けると運転している人だけが当事者になる事故と、車同士あるいは車と人がぶつかる事故があります。車同士あるいは車と人がぶつかる事故はその多くが双方に過失があることで発生するため、それぞれの過失割合が事故後の刑事責任や補償を左右すると言えるでしょう。

車同士の事故を例にすると、交差点で右折しようとした車が直進した車と衝突した場合、それぞれの車に異なる過失割合が生じます。一般的には右折よりも直進の車が優先なので、過失割合は右折した車の方が大きくなります。

しかし、交差点の信号機が赤色で右向きの矢印式信号機が点いている場合は直進の車に大きな過失があると見なされます。過失割合は事故の状況で常に変化すると言えます。刑事責任や補償は加害者側が負う形になるのが普通ですが、交通事故では過失割合が大きい方を加害者、小さい方を被害者として扱うので過失割合の認定は非常に重要です。

そのため、過失割合の認定を不服としてやり直しを要求するケースも少なくありません。これは過失割合の違いによって刑事責任の重さや補償金の金額に大きな違いが生じるためです。中にはまったく過失がないにも関わらず、自分にも過失があると判断されてしまうこともあります。

交通事故を起こしたら必ず警察に連絡する

日常生活におけるトラブルの中でも交通事故に関するものは非常に厄介と言っても過言ではありません。双方にどれだけの過失があるのかはケースバイケースであり、絶対的な基準はほぼ存在しないためです。同じような状況の事故でも車同士がぶつかったケースと、車がバイクにぶつかったケースではそれぞれの過失割合が異なります。

また、被害者とされる側が被った損害の程度も過失割合を左右するので素人判断はできません。交通事故の当事者になった場合、表沙汰にするのを嫌がったり自動車保険の等級を下げたくないなどの理由で警察に連絡せず、当事者同士の口約束で終わらせようとするケースが稀にあります。

しかしそのような行為は大きなトラブルに繋がるので絶対に行ってはいけません。交通事故を起こした場合、加害者には救護と連絡の義務が生じます。被害者を安全な所まで運んだうえで介抱し、それと同時に警察へ事故を起こしたことを連絡します。

事故の程度は関係ないので、わずかでも車や人に接触した場合であっても救護と連絡は必須です。これを怠ると救護や連絡の義務を違反したとして刑事罰を下されるおそれがあります。また、警察へ連絡するのは交通事故が起きたことを客観的に明らかにするのが大きな理由です。

交通事故が起きたことを警察が認定しなければ自動車保険の補償対象にはなりません。被害者が大きな怪我を負ったり車が壊れるなどの理由で多額の補償金を支払うことになった場合、自腹を切る羽目になってしまいます。交通事故で支払う補償金は一般的なサラリーマンでは到底支払うことができないほどの莫大な金額になることは珍しくありません。

事故を起こしたうえに補償金が払えないという事態を避けるためにも、警察への連絡は決して怠ってはいけないのです。

交通事故のトラブルを弁護士に相談する利点と注意点

交通事故の過失割合が納得できないものだった場合、割合の計算をやり直すことを求める必要があります。そのままの割合で受け入れてしまうと社会的な信用の失墜や金銭の負担などで大きなダメージを受けてしまうことが明らかな場合、何もせずに傍観するのは何の解決にもなりません。

その一方で交通事故に関するトラブルを解決するには法律の知識が不可欠なので素人ではほぼ不可能と言えるでしょう。そのため、交通事故に関するトラブルを納得できる形で解決するには弁護士に相談するのが最善の方法になります。

弁護士は法律の専門家なので、相手側が提示した過失割合の問題点を法律上の見地から示すことができます。相手側との交渉も弁護士の仕事の一部なので、困った時に頼れる存在と言えます。交通事故関係のトラブルを解決するのに最適とも言える弁護士ですが、弁護士のすべてが交通事故の案件に強いとは限りません。

ひと口に弁護士と言ってもそれぞれ得意分野が異なるので、相談する際は交通事故の案件を多く扱った弁護士を頼るのが正解と言えます。岡山県の倉敷市の場合、インターネットで交通事故の知識が豊富な弁護士を探すことで最適な相談相手を見つけることができます。

瀬戸市で交通事故にあったら!相談すべきおすすめの弁護士事務所と接骨院

自動車保険の弁護士特約について

自動車保険の中には弁護士特約が付いているプランがあります。弁護士特約は自動車事故の当事者になった場合、弁護士への依頼料を補償する特約です。交通事故のうち、自分の過失割合がゼロのもらい事故は保険会社が示談交渉することができません。

法律上、被害者に一切の非が存在しない交通事故は被害者側に損害賠償責任が発生しません。そのため、保険会社は事故に関わることができず示談交渉も不可能になります。そのような場合は被害者が自分で弁護士に示談交渉を依頼することになるため、保険の特約で依頼料の支払いをサポートすることになるのです。

弁護士特約はあくまでも弁護士に依頼する際の支払いを補償するものであり、弁護士の紹介や依頼契約を行うものではありません。

居住地以外の地域で交通事故を起こしても対処方法は変わらない

出張や旅行などで居住地から遠く離れた地域を訪れた際に交通事故の当事者になってしまうことがあります。右も左も分からないよその地域で交通事故を起こした時の不安は非常に大きなものですが、被害者への救護義務や警察への連絡義務など、事故後に行う内容はまったく変わりません。

例えば倉敷市に住んでいる人が他の地域で交通事故を起こした場合、速やかに被害者を安全な場所まで運び、警察へ連絡します。そして自分が契約している保険会社への連絡も行うのが正しい対処です。よその地域であっても冷静かつ的確に行動することが車を運転する人の務めと言えます。

交通事故のトラブルを解決するなら交通事故に強い弁護士を頼るのが確実な方法

交通事故は法律が大きく関係するトラブルとも言えるので、過失割合の数値が納得できないものであっても自分だけで解決するのは容易ではありません。法律の知識に詳しいことが必須なうえ、相手側との交渉でも自身の言い分の正当性を示す必要があるためです。

そのため、交通事故に関するトラブルを納得できる形で解決するなら法律の専門家である弁護士、特に交通事故案件を多く扱った経験のある弁護士を頼るのが正解と言えます。